レンタルドレスを利用することが多い結婚式でのドレスを選ぶポイントを確認する

色々なシーンで活躍できる

日常生活ではドレスを着用する機会はあまりないですが、結婚式や同窓会、謝恩会などではドレスアップが求められます。そんなときにレンタルショップでは色々な種類のドレスが揃っているので、どんなシーンでも活躍することが出来ますよ。

レンタルドレスを利用するシーンBEST5

no.1

結婚式・二次会

ドレスを着用する機会が最も多いのが結婚式の参加になります。家族や友人や職場の同僚などの結婚式でドレスを着用する機会が多いからこそ、ドレスをレンタルする女性が多いです。いつも違うドレスで周りからおしゃれな女性と思われるでしょう。

no.2

同窓会などのパーティー

定期的に開かれる同窓会などにも華やかなドレスを着用することが多いです。久しぶりに再会する旧友とのパーティーを楽しむために、おしゃれでエレガントなドレスをレンタルすることが多いでしょう。いつもとは違う自分を演出するのも楽しいですよ。

no.3

コンサート

バレエやオペラ、クラシックなどのコンサートを鑑賞するためには、ドレスコードが設定されている場合があります。多くの場合はフォーマルドレスが好まれます。そのため、現在ではフォーマルドレスのレンタルを活用する人が増えています。

no.4

婚活パーティー

最近では、婚活に力を入れる女性も珍しくはありません。婚活パーティーでは服装自由なところもありますが、レンタルドレスで有名ブランドのドレスを着用する女性もいます。出会いの場でもありますから、綺麗に着飾ることは必要と言えるでしょう。

no.5

謝恩会や卒業パーティー

謝恩会や卒業パーティーなどで、大学生は初めてドレスを着用する機会が訪れます。初めてのドレスなので購入する女性が多いですが、最近ではレンタルドレスを利用する女性もいます。多彩なデザインの中でドレスを選べるのがポイントですね。

結婚式のドレスを選ぶ

青いドレスのウーマン

新婦よりも目立たないドレスを

白は主役の新婦の色なので、白やオフホワイト一色のドレスは避けましょう。なお、サブカラー使いや小物で白を使用する場合は問題ありません。ただし、白い羽織ものは披露宴でテーブルに着席したときに上半身しか見えないため、白い衣装だと誤解されてしまう場合があります。そのため、白い羽織ものも避けるのが無難です。また、新婦のお色直しの衣装と同じ色、新婦より派手になるようなドレスも着用しないのがマナーになります。

黒一色は要注意

黒は無難で、シックな印象を与えるのでつい着たくなってしまいますが、男性の礼服や親族の留袖も黒なので、黒一色のドレスを着用すると会場は暗いイメージになってしまいます。黒ドレスを着用する場合は、喪服をイメージさせないようにシルクやレースなどの豪華に見える素材を取り入れると良いですよ。華やかで重品な色合いのドレスを着用すると、結婚式会場や披露宴会場に彩を添えられて喜ばれるでしょう。

肌の露出は控えよう

最近のパーティードレスはノースリーブやキャミソールタイプが増えており、華やかに見えるので素敵ですよね。ですが、結婚式ではそのようなドレスでの肌の露出はNGになります。結婚式に参加する出席者はご年配の方もいます。肩がむき出しになっているような服装を見て快く思わない方もいますよ。また、本格的な教会や神社での挙式の場合、あまりにも肌を露出したドレスはマナー違反となるので注意しましょう。

昼の結婚式

昼に行なう結婚式は大体午前中~午後4時までに開始します。暖かな日差しを感じることが出来るお昼の結婚式は新婦を引き立てる、華やかなドレスを着用すると良いでしょう。また、全体的に控えめでマットな素材を選んで着飾れば問題はないです。柔らかい色合いのドレスもレンタルすることが出来るのでチェックすると良いですよ。なお、昼と夜の結婚式での区別をしっかりとつけて、TPOにあった服装を心がけることです。

夜の結婚式

結婚式が午後5時以降に開始すると、どこかシックで大人な雰囲気を味わうことが出来ますね。夜の結婚式の場合だと、華やかさに煌びやかさをプラスしたドレスで楽しみましょう。全体的にドレッシーで照明の光に映える、光沢感のある素材のドレスを着用するのがおすすめになります。シックな色合いのドレスをレンタルして、落ち着いた印象を与えましょう。夜の結婚式には夜のマナーがあります。マナーをしっかりと守って素敵な式に花を添えると良いですね。